忍者ブログ
オリまにブログ/ 捏造・ネタバレ・性別反転・グロ・エロ注意 無断転載/複写/荒らし禁止 無断転載・複写は登場したキャラの親御様のみ可です。リンクに張ってある絵板の更新が殆どです。
21 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 . March
・・・・・・・・とりあえず文章に慣れます(第一目標)
文才なんぞ皆無で絶無ですが、やってみようと思ったことはやってみたいのでやります。
お初に晒す小話が少し前のもっさんにょたネタということに涙が出てきますが、気にしないでください。
ちなみに旦那さんの呟き、もといアイディアを採用して前にもにょたになったことがある設定でいこうとおもうので。
苦手な方は見ないでください。
綺麗な文章のみが見たい方もお控えください。
本当にオチがありません。未完成にも程が有ります。

それでもいいならどうぞ。

もし見た場合も、何を見ても一分後には忘れてくださると私が嬉しいです。




肉体と精神が別物であるということは大抵の人が知っているが、こういうことになると改めて思い知らされる。
この病気というか症状は最近里で流行っていたようだが、よもやこの病気に結構前にかかっていた者が居るなど殆どのやつが知らないだろう。

線の細い身体。
柔らかな肉がついた重たい身体。

―――要は女体といわれるのもので、男に生まれた俺は一生体験するはずのない身体にまたなっていたのだった。

重たい。動きにくい。
あの時もそう思ったが、いざなってみるとあまりの身体の動きにくさに驚きを禁じえない。
もともと男だったものが女になったせいか余計にそう感じる。
現実逃避に近いが、世の女性たちに少しばかりの尊敬を抱いてしまうほどに。
自分の身体の違和感に精神がついていかない。
ついでに『戦いにくそうだ』とか思ってしまうあたりは自分らしいと思うけれど。

はてさて、どうしたものか・・・。

正しい戻り方というものがあるとするなら、自分は其れを知らない。
しかし、戻り方というのなら嫌というほど知っている。
というか、覚えている。
前は問答無用に訳のわからぬままだったが、今思い返せばアレで戻ったのだろう。
はた迷惑というかお節介というか、アレは親切とかではなくて強姦に近かったが、あれはあれで都合が良かった。

羞恥心など感じる暇がなかったし。

無意識に首の傷を撫でる。
あの人はもう居ない。
そのことに何の哀愁も沸かないわけではないが、この状態をどうにかしたいという感情の方が勝っている自分は結構冷たい奴なのかもしれない。

盛大なため息が宙に浮いて消えた。
正直このままでは恥ずかしい。
何に対する羞恥なのかは不明だが、かなり居心地が悪い。
三十路すぎた男が、起きたら女に変わってましたなんて茶番も良いところである。
まあ、だからといって二十代でなったときは良かったのかといわれればそうではないのだけれど。

起きたといっても任務のせいで寝たのが今日の昼前だったため、今はもう月が昇っているような時間帯。
上手くいけば行為をする相手以外誰にも見られないかもしれない。
この醜態はできるならば誰にも見せたくはないのだが・・・。

此処で問題が一つ。

・・・・・・・・・誰のところに向かうか。

布団にもぐりこんで考える。
いつもは無い胸が無駄に存在を主張して余計になんともいえない気分になる。

自分の友好関係の狭さのせいで顔があまり浮かばない。
年下のものにしてもらうくらいなら其処らにいる夜盗どもに廻されるほうがよっぽどマシで、某色魔はできるならばさけたい。
しかし、自分よりも年上の男となるとかなり幅が狭くなってくる。

・・・・・・・しかも思いついた顔が竹馬の友だけというのはどうなのだろうか。

一刻ほど後、誰にも見られないように闇夜に飛び出した影があった。

――――――本当に茶番だ。

世界が自分を笑っているような気がする。



====================
自分のなかで未消化でなんか未練がましくなってたので少しだけ書いてみました。
あまりの文才の無さに涙が出てきます。
オチてないとか、結局どうなったのとか言わないでください。
所詮自己満足なしろものですので、私の駄文で克さんを汚したくないんです。
気が向いたら続きを書くかもしれませんが・・・・。
兎に角、忘れてください。。
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]